ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

ハンドガンについて

2017.11.10

カテゴリ:ガスガン

こんにちは☆

最近は天気が良いととても清々しい気候になってきましたね!
昼間はとても爽やかではありますが、おかげで夜は少々寒い。風邪をひかないように気を付けたいものです。

さてさて。今回はハンドガンについてのお話をしてみようと思います。
過去のサバゲーにおいてはハンドガンはそれほど重要なアイテムではなかったのかもしれません。しかし近年では屋内フィールドなどが増えてハンドガンを使う機会は大きく伸びているように思います。


ハンドガンの歴史


ハンドガンとは拳銃を指して呼ばれます。登場はかなり古い時代で、火縄銃から発展したフリントロック式やマスケット銃などが主流の頃に生まれたようです。
様々な説があるためにどれが正しいかは判然としません。
概ね17世紀頃に登場したではないかと言われています。
ハンドガンとも呼ばれますがピストルとも呼称されます。ピストルも拳銃を指す言葉ではあるのですが、アメリカでは自動拳銃(オートマチック)を呼ぶ単語として扱われているようです。
小型であることを利用して登場から現在まで主に護身用として携帯されるものが多いようです。


ハンドガンの利点


やはり小型で軽量であることを利用して簡単に持ち運ぶことができるのでそれに特化した使用がなされています。
服の下に忍ばせることもできるので要人の警護を行う役割の人が携行することも多いです。
狭い場所での近距離戦闘ではかなり利便性が高いので、この場合は護身用というよりはメインの武器としても使用されます。
ハンドガンには異なる型式のものがあります。リボルバータイプとオートマチックタイプが主流であり、リボルバーは回転弾倉式、オートマチックは自動拳銃と呼ばれます。
リボルバーは装弾数が比較的少なめであり、速射する際には常にダブルアクションでの発射になります。このためトリガーは重いです。その代わり構造的にはオートマチックよりも強度が高く確実に作動しやすいとされます。
オートマチックは1発目はコッキングする動作を必要としますが、次弾からはハンマーが起きた状態での射撃となるのでトリガープルが軽い。装弾数が多めなのも特色となります。ただ、やはり可動部が多いために砂塵などに弱い側面もあります。


サバゲーにおけるハンドガン


サバゲーにおいてはハンドガンはやはりメインの武器というよりはいざという時の予備としての性格が強いように思います。
メインで使用しているアサルトライフルなどが何らかの理由で動かなくなってしまったりしたときの咄嗟の対応に使用したりするために携帯されます。
サバゲーで運用されるハンドガンにはエアコキ、ガスガン、ガスブローバック、電動式と多彩な種類があります。それぞれに欠点や利点がありますのでそれぞれに利用価値があります。


トイガンとしてのハンドガンの各型式と特色


エアコキハンドガンは特別なパワーソースを必要としないのでいくらでも撃てます。ただ1射ごとに操作を必要とするので連射性能は低い。
命中精度は高めな製品が多いですので、使い方によっては狙撃に近いこともできます。発射音が極めて小さいということも利点となる場合があります。

ガス式は二種類あります。主にオートマチックタイプのことですが、固定スライドタイプとガスブローバックです。固定スライドタイプのほうが圧倒的に高性能で頑丈ですが、現在はブローバックタイプのほうが多く発売されてます。
固定スライドタイプは発射音が小さく、サイレンサーを取り付けるとかなり静かになります。ただしブローバックとは違い、リボルバーと同じように常にダブルアクションでの発射になるのでトリガープルは重いです。
基本的には可動部が少なくメカが露出していないので埃などが浸入しにくく、構造も単純で故障が少ない。
1発あたりのガスの消費量も少ないので一度のガスチャージでかなりの弾数撃てます。寒さでの作動不良も起きにくい特色があります。

ガスブローバックは実銃のような作動が楽しめるので撃っていて楽しいしリアルさはあります。
実銃と同じようにトリガープルが軽いので速射に向いていますが、反動があるために命中精度はやや悪く感じられます。
スライドが激しく可動しますので、砂や埃などが入ると作動不良が起きます。そういう意味ではわりとデリケートなのかもしれません。
銃声は大きくて派手で、作動音があるためにサイレンサーを取り付けてもほとんど効果は期待できません。
1発あたりのガス消費量が大きいので固定スライドタイプに比べると一度のガスチャージで撃てる量は多くないと思います。
また寒さにかなり影響を受けるので、真冬の屋外では作動しない機種もあります。

電動式のハンドガンはまさに万能とは言えます。
エアコキのコッキング動作を電動で行うものなので作動は確実ではあります。
ただ、撃ったときのフィーリングはおもちゃっぽさを感じてしまいます。
性能はハンドガンサイズとしてはかなり高く、飛距離や命中精度も申し分ない。ただトリガーの感触がダイレクトな感じではないと個人的には思います。

リボルバーのエアガンも存在します。リボルバーはガスガンとエアコキの両方がありますが、エアコキはシングルアクションのみなのでなんとも。ガスガンはダブルアクションによるセミオートで射撃できるものが多いです。
ただ、リボルバータイプは実銃に合わせて装弾数が少ないものも多くあります。またエアコキ、ガスガンどちらにも言えますが、基本的にはシリンダーとインナーバレルの関係から気密性が高くないことが多くてローパワーであるものが大半です。

さてさて。今回はそんな感じでハンドガンについてを書いてみました。
あくまでも私の主観ではありますがハンドガンを選ばれる際には参考までに。

代表的なハンドガン


  • ・M9
  • ・コルトM1911A1
  • ・ワルサーP38
  • ・グロック17
  • ・デザートイーグル
  • ・ハイキャパ
  • ・M19
  • ・パイソン357

  • ハンドガン1 それでは今回はここらへんで☆