ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

インナーバレルについて(エアソフトガン)

2018.01.30

カテゴリ:その他

こんにちは☆

今回はちょっくら短いお話になりますが、インナーバレルについてのことを書こうと思います。

インナーバレルというのは端的に銃身のことなのですがもう少し掘り下げて見ていこうと思います。

それではまいりましょう!

インナーバレルとアウターバレル

どのエアガンにも言えることなのですがインナーバレルとアウターバレルと言う単語を目にすることがあります。
インナーバレルというのは実際にBB弾が通過する銃身のことでアウターバレルというのはこのインナーバレルを覆っているカバーの部分を呼びます。
外側から見えているのはアウターバレルであり、インナーバレルは基本的にはあまり見えません。
分解すると見えますし銃口から覗くとちらっと見えるくらいです。
アウターバレルは外装の一部なので色々な部品が付属していることが多いですし素材も様々です。
インナーバレルはどちらかと言えば単なる筒に近い。基部にはホップを調整するための切り欠きがあったりしてちょっと特殊な形状になっていたりします。

インナーバレルの素材と性能

インナーバレルも素材は様々。現在一般的に一番多いのは真鍮かアルミ製でしょうか。
真鍮のものは真鍮剥き出しのものと何かしらの表面加工がされたものがあります。
しかし真鍮製インナーバレルはコストが高いのでどちらかと言えば高額のエアソフトガンに搭載されているのが普通。
比較的安価なエアガンにはだいたいはアルミバレルな搭載されています。

近年ではごく少数ではありますがプラスチック製インナーバレルもあるにはあります。
これが最も低コストなのですがあまり性能が良くないためにあまり見かけません。

インナーバレルの素材で性能が変わる?

真鍮製インナーバレルが最も表面が滑らかでBB弾の加速に向いているとはされています。
そして強度が高いので丈夫です。
アルミバレルは真鍮ほどではないにしても精度は高いです。真鍮バレルよりは表面が滑らかではないと言われていまして強度も真鍮よりは劣ります。しかし価格が安いという特性があるので一部のカスタムバレルや安価なエアガンには多く使われています。
プラスチック製インナーバレルは強度も低く弾の加速性能もあまり良くないようです。そしてプラスチックゆえにかなり強度が低い。
昔はハンドガンを始め多くの安価なエアガンに使用されていましたが今は少なくなりました。
素材の上ではやはり真鍮バレルが高性能であるとは言われています。
近年では金属加工技術が向上していてアルミバレルでも真鍮バレル並に高い性能を出せるようにはなってきています。
強度という面ではやはり真鍮が圧勝なのですがね。

インナーバレルの内径

ここで素材以上に性能を左右するのがインナーバレルの内径です。
内径が狭いもの(タイトバレルとも呼ばれる)のほうが発射の空気やガスを逃がしにくくパワーロスが少ないということになります。つまりそれだけハイパワーが出るということです。
しかし当然のことなのですが発射の圧力を逃がしにくいということはハイサイクルには使えないということでもあります。
猛烈なフルオート射撃の際にはシリンダーやピストンにかなりの負荷が掛かります。発射サイクルが高いほどこの圧力が逃げないのです。タイトバレルの場合はサイクルを上げるとピストンなどの破壊が起こりますので注意が必要です。
逆にサイクルの高い銃は銃身を長くしないで短いものを使い、圧力を早く逃がすようにしないと危険です。ハイサイクルチューンの電動ガンなどが短銃身なのはこのためです。
内径がブカブカのインナーバレルはそういう意味ではサイクルを上げるのには適しているということにはなります。
しかしノーマルのインナーバレルでもかなり高精度ではあるのでサイクルと圧力を上手にコントロールしないといけません。
その調整をしているのがインナーバレルでもあるわけです。

BB弾との相性

インナーバレル内径がどうのこうのというのはありますがそれとは別にBB弾の外径も関係があります。
BB弾の直径が大きいとインナーバレルがノーマルでもかなりパワーが変動しますから注意が必要です。

インナーバレル内径が6.02㎜とかでBB弾外径が5.96㎜とかだとかなり危険。通常のサイクルのフルオートでさえちょっと気にするレベルです。
BB弾を購入する際には外径がどれだけなのか、自分の持っているエアガンのインナーバレルの内径がどれだけなのかはある程度気にしておきたいところ。

最後に

インナーバレル、実はかなり奥が深いアイテムです。
電動ガンでもインナーバレルの交換だけでかなりパワーが上がる傾向がありますからカスタムの一部としてはよく使われる手法になります。
それはさておき、近年ではバイオBB弾が一般化してきています。
バイオBB弾はセミバイオ弾やプラスチック弾よりもかなり高額なのですが、高額なくせに精度があまり良くないものが多いです。
特に海外製のものに多いのですが外径が正確ではないものがよく見かけられます。
安いからといって買ってみたらものすごいダメなやつだったなんて話が本当によくある。

BB弾もかなり発射性能を左右するので気を付けて選ばないといけません。
そしてBB弾は時期によって製造メーカーの出来映えのリズムのようなものがあります。
つまりこのメーカーのこれがいい!となっても時間が経つとあまり良くないものになっていくということ。金型が劣化するからだと言われています。
これを書いている現時点ではマルイ純正とG&Gのものが良質であるという情報があります。

マルイ次世代スカー 写真はマルイ製次世代電動ガンのスカーのアウターバレル部分。この内側に実際にBB弾が通過するインナーバレルがあるが外側からは見えない。

ということで今回はかなりマニアックな話となりました。
皆さんも上手にカスタムパーツを選べるといいですね。
それでは今回はここらへんで☆

オススメ電動ガン

東京マルイ AK47東京マルイ H&K MP5A5東京マルイ H&K G3 SG/1東京マルイ H&K PSG-1東京マルイ コルト M4A1カービン

twitterフォローお願いします。