ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

アサルトライフルについて

2017.10.31

カテゴリ:電動ガン

こんにちは☆

サバゲーをするには一番いい季節となりました!
えー。今回はですねー、多くのサバイバルゲーマーが使用しているアサルトライフルについてを書いてみようと思います。

アサルトライフルと一般的言われていますが、これは一体なんなのか!?というところに迫っていこうと思います。

実銃としてのアサルトライフルとは

アサルトライフルを語るにはまずバトルライフルを説明しなくてはなりません。
バトルライフルとはいわゆる自動小銃のこと。本来、歩兵が使用する武器は小銃であり、これはボルトアクションライフルとなります。ボルトアクションライフルが使用する弾薬はフルロード弾またはフルサイズのライフル弾と呼ばれる大きくて威力の高いもの。
これを自動で射撃できるものを自動小銃と呼びます。これを英語でバトルライフルと呼びますが、アサルトライフルとはちょっと異なります。
フルロード弾を使用するため高い威力と長い射程を持ちますが、その代わりに大きな反動が発生するためにフルオートで射撃すると制御が難しく命中精度が大きく低下します。
これを扱いやすくするためにフルサイズのライフル弾を短くした弾薬を開発し、射程を多少犠牲にしながらも反動を弱めて使いやすくしたものがアサルトライフルです。

アサルトライフルは突撃銃と翻訳されますが、まさに機動力ある攻撃の際に能力を発揮しやすいように作られているのです。
実銃の世界ではサイズなどで分類されるのではなくて使用する弾薬や役割によって銃が分類されるので、単に長さでアサルトライフルと呼ばれているのではありません。
バトルライフルはフルオート時の反動が大きくて制御しにくいため実戦では主にセミオートで使用されます。このためかなり長距離での戦闘を想定して使用されるのが一般的。
それに対してアサルトライフルはフルオート時の反動を制御しやすいので近距離での戦闘を意識して作られているわけです。

アサルトライフルの歴史

世界初のアサルトライフルは何なのか?となると色々な説があるのですが、基本的にはフェドロフM1916ではないという説とStG44ではないかという説とがあります。
フェドロフM1916は帝政ロシアの頃のロシア軍の自動小銃で、使用する弾薬はなんと日本陸軍の三八式実包!です。日露戦争で大量に日本軍からぶんどった弾薬があり、これを利用したとも言われています。(日本からある程度は輸入していたという説もある)
反動を抑制するために日本軍の口径の小さい三八式実包を使用して個人が携行できるフルオート銃として完成されています。コンセプトは後の時代に登場するアサルトライフルと同じですね。ただ、残念なことにフェドロフM1916が登場したタイミングは第一次世界大戦の最中であり、ロシア革命が起きたりと国が大混乱していたのであまり長期的には生産されずあまり使用もされなかったようです。

ドイツのStG44はもう少し後の時代の登場です。第二次世界大戦の終わりに近い頃にナチスドイツが投入したアサルトライフルです。
これは設計としては現代のアサルトライフルにかなり近いです。フルロード弾を短縮することで開発した弾薬を使用し、反動を抑制することに成功しています。
試作品が完成した頃にロシア戦線で孤立した部隊を救出する作戦があったのですが、この孤立した部隊に空輸で試作品のアサルトライフルを投下して装備させたところ、この部隊はソ連軍の包囲を自力で破って脱出に成功したと言います。
この事実から実戦部隊からはアサルトライフルをもっと欲しいという要望が多く出て急いで生産が始められたと言います。

八九式小銃

現代のアサルトライフル

ドイツのStG44を製作した技師たちは第二次世界大戦後は別の国で新型のアサルトライフルの開発に当たりました。ドイツの技師がスペインで開発したものがセトメアサルトライフルであり、これがドイツに還ったものがG3です。
ソ連も第二次大戦中にドイツ軍が装備していた突撃銃を参考にAK47を開発しました。
アメリカも戦時中にM1ガーランドという半自動小銃を開発して装備していますが、さらに新型のM14を生み出します。
こうして現代のアサルトライフルの先祖たちは第二次大戦後に世界各地で誕生していったのです。
ベトナム戦争以降、世界のアサルトライフルは変化しています。
昔のような何もない平原よりも市街地やジャングルなどでの戦闘が増えたせいなのでしょうか。近接戦闘をしやすいように弾薬がさらに小型化、軽くたくさんの弾を持ち運びやすく、反動を軽減して発射速度を高めたものが現在は主流となっています。その代表格が米軍のM4でしょう。
M4自体はベトナム戦争で登場したM16の発展型です。M16はジャングルでの近距離で突然発生する戦闘に対応しやすい設計となっています。米軍がこのM16に使用したのが現在のNATO弾。5.56㎜の口径の銃弾を発射します。(BB弾より径が小さい!)
旧西側諸国と言われる国々はそれに倣って共通の弾薬を使用するアサルトライフルに装備改変していきました。日本の89式小銃やドイツのG36、フランスのファマスなどがそうです。
一方で旧東側諸国と呼ばれる国々はAK47の子孫であるAK74をライセンス生産したりして対応しているようです。

サバゲーにおけるアサルトライフル

アサルトライフルはサバゲーの世界でもお馴染みの装備ではあります。が、どちらかというと現在のサバイバルゲーマーの多くは小型で取り回しの良い機種を選ぶ傾向が強いように思います。
アサルトライフルもやや小さいカービンクラスの銃であるM4やP90などが好まれるようです。
カービンとは騎兵銃のことで、馬に乗る兵士が馬上で使いやすいように設計したものを言います。本来はスリングベルトが銃の側面に来るものを呼びましたが、現在は単にサイズが小さいアサルトライフルなどを呼ぶようになってきているようです。
エアガンの世界でもアサルトライフルのように大きいものはそれなりに射撃性能も火力も高い。
多くの機種が色々なメーカーから発売されており、選択肢も多様です。

遠距離戦を想定するならばフルサイズのアサルトライフルが向いていますし、中距離以下の戦闘を想定するならM4などのカービンクラスのアサルトライフルが良い。カービンクラスの銃は遠距離戦にも近距離戦にも使えるということで重宝されやすいようです。サブマシンガンより火力や射程は長く、フルサイズのアサルトライフルやバトルライフルより小さくて軽い。
長いものと短いもののいいとこ取りをした感じですから初心者にも使いやすいとは言われています。

もっとも、ベテランからすると遠距離戦にしても近距離戦にも大したことがない、どちらにも対応は可能だが中途半端だと言うゲーマーもいますが(笑)

G3
そんなわけで今回はアサルトライフル。
魅力的な機種が多いのもこのジャンルですね。

それでは今回はここらへんで☆