ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01P【ガンレポ34】

2018.09.01

カテゴリ:ガスガン

こんにちは☆

発売されたばかりの機種を今回は特集してみようと思います。

今回は東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pをご紹介します。

まいりましょう!

ゲーム「バイオハザード」に登場する01Pをガスブローバックで再現!

東京マルイはこれまでにもずっとバイオハザードに登場する銃火器をモデルアップしていますね。

今回のALBERT.W.MODEL 01Pは汎用型ということで、ゲームの登場人物個人が使用するモデルではないタイプを再現しています。

それでは全体的に見ていきましょう。

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pの外観

外観はオーソドックスなマルイスタンダードという感じ。
ベースが同社のM9でしょうから、そもそも基になっているものから完成度が高いと思います。

ゲーム中の外観を再現している箇所が随所に見られますね。

グリップ側面には「青い傘」のメダリオンがあります。
ALBERT.W.MODEL 01P

グリップ周りはシンプルなブラックとなり、このあたりはサムライエッジとは異なりますね。
個人的にはベースとなったベレッタM92のイメージが強いので、このブラックのほうが引き締まって見えていいかな。

アウターバレルはシルバーとなっており、良いアクセントになっています。

ALBERT.W.MODEL 01P

仕上げはおそらく他のステンレスシルバーの機種のものと同様かなと思います。

マルイ製のメッキ仕様のものは外装の強度としても比較的高いものだと思います。まぁ使用方法によっては傷がついたりするのでしょうけども。

完全な軍用拳銃だったら、キラリと光るシルバーの部品は使われないのでしょうけど、これは軍用拳銃を再現していないというものだからこそのデザインですね。

下記はこの製品。よくできている。

ガスブローバック バイオハザード アルバート.W.モデル 01P
【東京マルイ】【ガスガン】【18才以上用】

ちなみにフロントサイト、リヤサイト共にホワイトドットが入っていて見やすい照準具となっています。

こういう配慮があると、発射性能は変化しないにしても使いやすさは向上しますね。

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pの細部

このモデルは、細部が色々と通常のM9と異なります。

スライドそのものはM9と同じようなものなのですが、刻印などは全然違うものになっています。

アンダーレールというか、スライド下側のフレームにはピカティニー規格の20㎜幅レールが一体で設けられており、ここにフラッシュライトやレーザーサイトなどの追加装備を行うこともできます。

フレーム後部はビーバーテイルという独特の形状を再現、トリガーガードもスクエアタイプとなっています。

ALBERT.W.MODEL 01P

ここまで来るともうかなりM9とは違うということがわかりますね。

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pの実用面

基本になっているのが同社のM9とのことで、全体的に信頼性は高いものと思います。

デコッキングシステムを持つセイフティもしっかり再現されていて、射撃した感触もほぼM9と同じです。

ホップは可変式のものとなっていて、BB弾に合わせて微調整が可能。

ちなみに発売されてすぐなので、長期的に使用したというデータはまだありません。
ただ、ベースとなっている東京マルイのM9は非常に優秀な仕上がりのガスブローバックハンドガンですので、このあたりの心配はないのではないかと個人的には思います。

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pのその他の部分

新品で購入した際、ゲームの設定上ある(らしい)認識バーコードがシールとして付属しています。
このあたりはこれを貼るかどうかを個人で選択できるのはいいですね。

ALBERT.W.MODEL 01P認識シール

えー。ちなみにマガジンは通常のM9と共用のようです。
このあたりもありがたい話。

メーカーによっては頻繁にモデルチェンジしたりして、同じモデルなのに以前の機種のものが使えないなんてこともありますので。

それから、バレルの長さが通常のM9より短く切り詰められています。

アウターが短くなっているのは外観からもわかるのですが、これに伴ってインナーバレルも短くなっているのかもですね。

ただ、長さとしてはそれほど差異が無いので、これによって発射性能が変化しているということはないように思います。

全体の重量もM9とほぼ同じで、握った感触もほとんど同じ。

外観的なカスタム済みハンドガンだと思えばいいかな。

それにしても特別仕様ということもあってか、価格は通常のM9よりもだいぶ高くなっています。

まぁここらへんは夢を買う価格ということですね(笑)

ALBERT.W.MODEL 01P

写真はこのモデルを持ったところ。

サイズ感は通常のM9と同じで、特別大きくなったとか小さくなったとかいうことはない。

東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pまとめ

ということで今回は東京マルイ製ALBERT.W.MODEL 01Pを特集しました。

まぁ言うに及ばず、ハズレは無いだろうというところが言いたいわけです(笑)

バイオハザードのファンの方々は待望の一作となるのではないかと思います。
これまでにも幾多のモデルが発売されていますが、あまり悪い評判は聞かないなぁ。

ちょっと外れた話になりますが、過去に私がサバゲーしているときに出会ったプレーヤーで、サムライエッジを使うハンドガンのエースがいたなぁ。

彼はハンドガンのみで単独行動し、アサルトライフルなどを相手に戦果の山を築いていました。

ハンドガンでもそうした活躍ができたりするのでしょうけど、きっと高い練度も必要なのでしょうね。

それでは今回はここらへんで☆

    おすすめの最強エアガン「アサルトライフル」編
    電動ガンAK47S分解してみた!
    おすすめの最強エアガン「サブマシンガン」編

オススメ電動ガン

    東京マルイ AK47
    東京マルイ H&K MP5A5
    東京マルイ H&K G3 SG/1
    東京マルイ H&K PSG-1
    東京マルイ コルト M4A1カービン

twitterフォローお願いします。

話題のサバゲー女子動画