ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

マルゼン製ワルサーP38【ガンレポ23】

2018.06.12

カテゴリ:ガスガン

こんにちは☆

暖かくなってきたから、いよいよガスガンが活躍する季節になりました!

このくらいの気温ならば、ナイトゲームでもブローバックのガスガンが快調に佐渡することでしょう。

そんなこんなで今回はガンレポ。
「マルゼン製ワルサーP38」です。

それではまいりましょう!

マルゼン製ワルサーP38

ワルサーP38

実銃としてのワルサーP38についてはマルシン製のmaxiの際に詳しくレポートしていますので、今回はあまり大きくは取り上げないでおこうかな。
第一次大戦からのルガーP08を更新するために採用された軍用拳銃で、9㎜ルガー弾(パラベラム弾とも)を使用。

とても優れた設計で、世界の軍隊が使用する軍用拳銃としてはほぼ初となるダブルアクション機構を持っていました。

当時はコルトガバメントなどをはじめとしてシングルアクションが一般的だったのです。

あまりに優秀だったためか、第二次大戦が終わってからも西ドイツ軍はP1として使用を続けました。

P1は一部に変更が行われていたようですが、ほとんどP38の設計のままのようです。
西ドイツ軍の軍人には旧ドイツ軍時代からの軍人も多く含まれており、彼らがP1の使用を望んだためとも言われています。

余談となりますが、P1が登場したことで軍用をP1、民間向けの製品をP38と区別して呼ぶようになったようですね。

マルゼン製ワルサーP38

なんとマルゼン社はワルサー社と正式に契約しており、同社の製造販売しているワルサーP38はワルサー社の公認モデルとのこと。

これは素晴らしいことですね。
公式的なものなので、精密な図面などから採寸して製作されているようで、外観的にはとてもリアル。
ワルサー社と契約しているため、マルゼンが発売している他のワルサーの機種(P99など)も同様に素晴らしい仕上がりとなっています。

マルゼンワルサーP38の特徴

発売は10年以上前だと思いますが、極めて優れた製品なので、現在も再版が行われています。

グリップはベークライト製を模した感じのものが付属しており、銃本体もシルバーとブラックがあります。
(表面処理がメタルカラーのものもあったかも?)

外観的なことはだいたい以上ですが、セーフティはきちんと実銃らしい動きを再現しています。

ハンマーが起きている状態であってもセーフティをかけるとハンマーが連動して倒れ、発射されないようになっている。

この機構はマルゼンのPPKにも見られる構造ですね。

発射性能など

ガスブローバックなので、反動があります。
ちなみにマルゼン社のガスブローバックは独自のアドバンスシュートシステムを搭載しています。

このシステムは反動が強いことで知られていますね。

強い反動のためか、命中精度にも多少影響があるのではないか?という感触があります。

ホップは可変式で、うまく調整すれば飛距離もかなり出ます。

気になるパワーはというと、私の手元にあるものでは暑い時期に0.8J前後でした。
高性能な部類になると思います。

マルゼン製ワルサーP38_1

マルゼンワルサーP38の欠点

欠点らしい欠点はあまり感じませんが、敢えて上げるとしたら低温になると作動がおぼつかないこと。

これはブローバックのガスガンにはどれにも言えることですが、マルイのものなどに比べると更に作動が悪いようです。
本当に気温の高い時期(20度以上)に使うのがいいかなと思います。

あとはーマルゼンの全ての製品に言えることですが、マガジンのガス注入バルブからのガス漏れが比較的よく起こります。

修理に出せばわりと早めに対応してもらえるのでいいといえばいいのですが、ちょっと他社のものよりは早く、頻繁に発生しやすい感触があります。

マルゼンのガスガンは寂しいと死ぬ」と言われているのもこのため。

使わずにしばらく置いておいたら、ガス漏れするようになっていた!なんてことがあります。

マルゼン製ワルサーP38【ガンレポ23】まとめ

というわけで今回はマルゼン製ワルサーP38について特集してみました。

他にはない機種なので、とても貴重です。

それにマルゼン製のブローバックガスガンは、これに限らず快調な作動を楽しめます。

寒くない季節のサバゲーにはおすすめできる一丁です。

そういえば私の経験談となるのですが、これを装備した相手とサバゲーで撃ち合ったことが何度かあります。
印象としては「多少命中精度は悪いが初速は高いな」という感触でした。

茂みから飛び出してきてバンバン撃たれたんですが、結局それは私には当たらずで(笑)

私が使用したことも何度かあります。
そのときは真夏ではなかったこともあって、気温がさほど高くない状況下でした。
そのためか連射したらブローバックがどんどん弱くなって行ってしまい、マガジンを撃ちきる前に止まってしまったことも(笑)

もちろんこれによる戦果を記録してもいますし、使い勝手は良好でした。

それにしてもガスブローバックのハンドガンって、そのメーカーらしさがある気がします。

マルイにはマルイの、マルゼンにはマルゼンの。

面白いものです。

購入を検討されている方もおられるかもしれませんし、参考になればと思います。

ワルサーP38

それでは今回はここらへんで☆

Twitterで話題のワルサーP38

その他のサバゲー戦史シリーズはこちら

よく読まれているサバゲー記事

    おすすめの最強エアガン「アサルトライフル」編
    電動ガンAK47S分解してみた!
    おすすめの最強エアガン「サブマシンガン」編

オススメ電動ガン

    東京マルイ AK47
    東京マルイ H&K MP5A5
    東京マルイ H&K G3 SG/1
    東京マルイ H&K PSG-1
    東京マルイ コルト M4A1カービン

twitterフォローお願いします。

話題のサバゲー女子動画