ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

サバゲーにおけるショットガンの利点、欠点について(強力かつ最強)

2017.12.02

カテゴリ:エアコキ

こんにちは☆

これまでに色々とトイガンを見てきていますが、今回はショットガンについてのお話をしてみようかと思います。

ショットガン、いわゆる散弾銃。

サバゲーにおいてはアサルトライフルサブマシンガンほどではないものの、装備するゲーマーがいます。

それはある意味では、こだわりの見える部分であるのかもしれません。

果たしてショットガンには、どのような利点があるのか?または欠点は?

サバゲーにおいての位置付けについても、私が感じたり思ったりしたことを書いていきます。

実銃としてのショットガン

ショットガンは日本語で言うところの散弾銃に当たります。

一細かい粒状の弾を同時に発射するタイプの銃であり、主に狩猟用として民間でもある程度馴染みのある銃です。

もちろん軍用としても使用されてはいるのですが、確か散弾銃による人体への攻撃は国際法で禁じられていたように思います(違ったら失礼)。

これは人体に命中した際にかなり酷い損傷を与えるためです。

それでもショットガンはその性質上、近距離戦最強の武器と呼ばれて使用されているのが実情です。

ショットガンの射程は基本的には短く、ハンドガンなどより短射程だとされます。

しかし同時多発射のために近距離での面的な制圧力が高い。

フルオートよりも接近戦では強力であると言われています。

多くのショットガンは、ポンプアクションと呼ばれるハンドガード部分を前後させることで、シェル(ショットガン用の弾薬はショットシェルと呼ばれる)を装填、発射準備が成されます。

一射ごとにこの動作をするわけですが、近年ではセミオートで撃てるショットガンも多く登場しています。

セミオートとなるとかなり火力が高く、軍用などとしても使用されるものがあります。

サバゲーにおけるショットガンとその利点

サバゲーにおけると言ってしまうと短絡的ですが、トイガンとしてのショットガンも、やはり実銃に似せて同時多発射の機能を搭載しているものが多くあります。

外観が実銃ショットガンの機種を再現しているものの、多発射ではないものもあります。

機種によるのですが、1本のインナーバレルから複数の弾を同時発射するタイプと、複数のインナーバレルから同時に1発ずつのBB弾を発射するものとがあります。

いずれも複数のBB弾を同時に発射できるには違いないので、実銃のショットガンのように屋内などのインドア戦で使用されることが多いようです。

ソウドオフという銃身を短く切り詰めて、ストックを無くしたタイプも存在します。

これらはまさに近距離での素早い射撃を想定したものです。

下記はマルゼンのCA870ソウドオフ。
まさに接近戦に特化したタイプであると言えるが、多発射ではない。

マルゼン・ショットガン CA870 ソードオフ

中にはショットガンにドットサイトを搭載してさらに近距離戦での射撃精度を高めようとしているゲーマーも見かけます。

そういえばトイガンとしてのセミオートのショットガンというのは、どの程度あるのだろう?と思ってしまいます。

ガスブローバックのスパスとかがあったと思いますが、あれってほんとに散弾なんだろうか?

変り種としてはマルイが発売しているフルオートショットガンがありますね。

同時多発射のものでありながらフルオートができるとか。

ものすごい弾幕になるのだろうなと予想はできますが、実はまだ、それを所有するゲーマーさんに会ったことがないし、私自身も触ったことがない。

気になる存在ではあります。

下記が問題のマルイ製フルオートショットガン。

東京マルイ・AA-12 電動フルオート・ショットガン
 
 

欠点もある

サバゲーにおけるショットガンの欠点はいくつかあります。

それはやはり射程が短いこと。

1本のインナーバレルから同時に多数のBB弾を発射する機種はかなり射程が短いです。

それこそエアコキハンドガンにさえ負けるくらいの飛距離しかないことが多い。

インナーバレルが複数あるタイプはそれよりは飛びます。

それでも、通常のサバゲーで使用されるアサルトライフルなどの電動ガンに比べると射程はかなり短いと言わざるを得ません。

また同時多発射とは言っても、発射されるBB弾は3~4発程度なので実銃のような制圧力は発揮できないとも言えます。(それでも単発発射よりはずっと強いが)

複数のインナーバレルがあるタイプはハンドガードが分厚く、やや握りにくい感じがあります。

コッキングもかなり重くて速射するにはちょっと慣れが必要だと個人的には感じます。

マガジンは

これも機種によるのですが、マガジンは様々なタイプがあります。

普通のマガジン型のものもありますし、マガジンの形をしてはいないもののマガジン式になっているものもあります。

マルイ製のものだと、ショットシェルの形をしたものになっていて雰囲気が良いです。

それ以外だと、銃本体に作りつけのマガジンが内蔵されているタイプも過去にはありました。

現在市販されているものはこの手のはないかもしれませんね。

下記はマルイショットガンの用のシェル。マガジンである。
東京マルイ ショットガン ショットシェル型30発マガジン 2本セット レッド

サバゲーにおけるショットガンの利点、欠点についてまとめ

ということでショットガンを見ていきました。

個人的にはショットガンはもう少し多くのBB弾を同時発射できればなぁと思います。

しかしそれも機能的にはかなり無理があるのかもしれません。

そういう意味では、サバゲーにおけるショットガンというのは、本当にその役割を果たしているのはむしろグレネードランチャーのほうなのかもしれません。

グレネードランチャーはモスカートを始めとして、それこそ数十発ものBB弾をドカーンと発射するのでそれはそれは盛大な威力があります。

しかしまぁそれはそれでまた改めて詳しく解説しようかと思います。

ショットガン

写真はM3ショーティにオリジナルストックをつけたものとM37

それでは今回はここらへんで☆

オススメ電動ガン

    東京マルイ AK47
    東京マルイ H&K MP5A5
    東京マルイ H&K G3 SG/1
    東京マルイ H&K PSG-1
    東京マルイ コルト M4A1カービン