ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

私のサバゲー戦史53「奇襲攻撃」

2018.02.28

カテゴリ:サバゲー

こんにちは☆

今回はちょっと短い話ですが書いていこうと思います。

個人的なことなのですが私は小規模なサバイバルゲームがわりと好きです。
人数が少ないと意思の疎通が取りやすく、濃密な作戦連携ができるからです。
もちろん連携しなくても少人数だと動きが出やすいというのもいい。一人やられただけで戦局が大きく左右されるのも面白いですし。

あまり大人数じゃないならば劣勢からの逆転も不可能ではないし、最後までわからない感じもします。
さてさて。
今回は私のサバゲー戦史「奇襲攻撃」です。

それではまいりましょう。

参加者とフィールド状況

これはもうずいぶん昔のゲーム記録だ。

その日のゲームは4名が集まっての殲滅戦。
2対2という小規模なゲームである。
フィールドは森の中で南側は起伏が少ない林。手入れされた山林で草はほとんど無いがしっかりした針葉樹が多くある。
黄色のプラスチックのタンク(おそらく廃棄された農機具)がバリケードとして複数箇所に置かれていた。

北側は急な斜面になっていて南側を見下ろすことができる。
しかしフィールドのほとんどは平地であり、斜面を登りきったところがフィールドの北の端になる。

我々は2名で南から進み、北の斜面の麓から出撃してくる相手2名を撃破する。

特殊な事項としては我々の陣地にはモスカートを使用する野砲が一門配備されていることだった。

モスカートは射程が短いがこのような森林地帯では接近戦になりやすいので有効となるだろう。

このサバゲーへの参加者の装備を見ていくとほぼ電動ガン装備だった。アサルトライフルは一丁だけでサブマシンガン装備が二人、あとはショットガンだ。

出撃

ゲームが開始された。

私は味方のT君と共にひとまず待ち伏せることにした。
やがて左手奥方面から敵のK君が現れたのでT君がこれを迎撃して戦闘になった。

K君はMP5を装備して軽快に突撃してくる。
T君はM16VNで激しくそれを撃って応戦。
私はT君の少し後方から彼の側面を援護していた。
しかしあまりに激しい撃ち合いだったためにT君のM16はBB弾切れになってしまった。

「弾切れ!」

「なにやってんだ!」

無理もない。M16VNのショートマガジンは多弾マガジンとは言え弾数はMP5のそれよりも弾数が劣る。
軽快な機動で翻弄され、追尾射撃を繰り返したために消耗してしまったのである。

野砲の砲撃

私はK君が隠れているバリケードに向かって野砲で砲撃を行った。援護するためである。

ドン!という発射音がしてまとまって飛んでいったBB弾がバリケードに命中、バリバリというものすごい音を立てた。
予想以上に迫力があったので驚いたK君は撤退し始めた。
私はもう1発砲撃を加えたがすでに相手は逃げてしまっていたので捉えられなかった。
モスカートはいわゆる散弾なので距離が開けば広範囲に拡散してしまう。
飛距離を稼ぐために装填弾数が少ないタイプを使用していたせいもあるのだろう。遠くなると散弾密度が低くなって当たりにくくなるのだ。
私はMP5に持ち変えてそこから前進を開始。
T君と共同でフィールド左奥に退却して行ったK君を追撃した。
しかし途中でもう一人の敵であるY君がフィールド右方向から横槍を入れる形で撃ってきた。

我々は右側面のY君の射程に捕まらないように注意しながらK君を攻撃して撃破した。K君は弾切れ寸前だったため有効な反撃ができなかったようだ。

今度は我々はフィールド右方向のY君を攻撃に向かった。
彼は北部斜面の麓にいたが、かなり地形的に優位な場所に陣取っていた。
T君と私は共同でそこを挟撃したが遮蔽物に阻まれていたりして攻撃しやすい場所が取れない。
戦闘は膠着し始めた。
Y君はショットガン装備(M88マーベリック)で地形を利用しながら巧みに防戦、電動ガン・サブマシンガンの我々相手にかなりうまく反撃してくる。

私はこのままではダメだと判断していったん退却、離れた位置から北側斜面を登った。

斜面を登りきって見下ろすとY君が前方に向かって発砲しているのが見えた。もちろん私には気付いていない。
完全に奇襲に成功したのである。

私は迷わずそこから彼を撃った。

これで彼を撃破して我々は勝利した。

このゲームは小規模な戦力の衝突だったが双方が能動的な動きで激しい戦闘になった。
むしろ少人数だったからこそだったのかもしれないが。

最後に

ということで今回はちょっとした小さなゲームでのお話。
個人的にも小規模ゲームは好きです。
私が参加したサバゲーでは時々野砲が登場しますが、この戦闘でもそれなりに活躍がありました。戦果こそなかったものの。
特殊なものがフィールドに投入されるとそれだけでもなかなか盛り上がるので楽しくなります。
そういったなにかを工夫してみるのもいいかもしれませんね。

野砲が登場する話を他にも書いてみようかと思っています。

それでは今回はここらへんで☆

その他のサバゲー戦史シリーズはこちら

オススメ電動ガン

    東京マルイ AK47
    東京マルイ H&K MP5A5
    東京マルイ H&K G3 SG/1
    東京マルイ H&K PSG-1
    東京マルイ コルト M4A1カービン

twitterフォローお願いします。