ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

映画やドラマで使用された銃について①

2017.09.26

カテゴリ:ガスガン

今回は映画やドラマで使用されている銃にすいてのご紹介です。

先ず第一段として、筆者の思い入れ深い名作『X-FILES』についてです。

ハンドガン画像 X-FILESは、1993年から2002年にかけてアメリカで製作されたSFテレビドラマ(海外ドラマ)です。

今でこそ『24-TWENTY FOUR』や『プリズンブレイク-Prison Break』、『ロスト-LOST』などの海外のドラマが、
ネットの動画配信サイトなどにより普通に見られるようになりましたが、昔は地上波でしか見れなかったので、
毎週ワクワクして見ていた記憶があります。

その中でも私の一番好きだったX-FILESは、 超常現象や未確認生物(UMA)、未確認飛行物体(UFO)などにまつわる数々の難事件を、
主人公のFBI捜査官であるモルダー捜査官とスカリー捜査官が解決に向けて捜査を展開するというものです。


私は心霊現象や超常現象といったものは実際に見たことが無いし感じたこともないので、
信じるか信じないかという問いに対しては、信じるに値する根拠を持ち合わせていないというしかありません。
ですが、信じている訳ではないものの『信じたい』という感情の持ち主です。


このドラマの秀逸だったのは、あらゆる『超常現象』と誘拐・殺人・偽装工作や内部告発などの『事件』や
それにまつわる『事象』が見事にリンクしていて、超常現象や未確認飛行物体(UFO)などのオカルトに
懐疑的な方でものめり込めるような話の展開が随所にちりばめられている所です。

当時中学生だった私は、音楽といえば洋楽を聞いたり、とにかくアメリカへの憧れというものが強く
ドラマも月9などの日本のドラマは一切見ずに、このX-FILESに熱中していました。
現在は、前述したようなネットの動画配信サイトにより、X-FILESも容易にいつでも見られる環境に
なったので、改めてまた見ているところですが、今見ても全く古臭くなくて本当に面白い作品だと思います。


とまぁ、前置きがものすごい長くなってしまいましたが、この作品で使用される銃についてということで
書き始めたので話を戻しますと、X-FILESの主人公の2人が所持しているハンドガンは…。


モルダー捜査官とスカリー捜査官が使用していた銃は、シグザウエルP226とP228だという記憶がある方が
多いのではないかと思います。
しかし、実際に使用されているのは、シーズン2とシーズン4以降なので、最初から登場はしていません。
シーズン4以降はドラマとしても安定期ですし、結局シーズン10まで続くご長寿ドラマなので印象に残っているのだと思います。


そして、モルダー捜査官がファーストシーズンで最初に使用した銃はというと、実は『タウルスPT92』なのです。
聞きなれない方が多いと思いますが、簡単に言うとベレッタ92のコピーです。
正式に言うとタウルス社がベレッタ社とライセンス契約を交わしてOEM生産をしていて、その契約が切れた後に
それまで培った技術を生かして自社製品として生産した銃となります。

これはドラマの中では本当に出番が少なく、ファーストシーズンの第4話までの使用で、発砲に至っては
その4話でのみとなりましたが、ベレッタ92のファンからすると懐かしい一丁なのではないでしょうか。

そして、ファーストシーズンの第4話以降でモルダー捜査官が使用した銃は『グロック19』です。
当時世界的にグロックの人気が高く、ニューヨーク市警(NYPD)に正式に導入されたこともあり、
ドラマの中でも使用されたものと思われます。

グロック19はグロック社のグロック17というモデルを、新型のフレームと共にコンパクトにしたモデルで、
更に小型なグロック26が登場するまでに、グロック社で最も人気の高いモデルでした。


筆者も以前紹介したガスガンでKJ Works社から発売されたグロック19を持っておりますが、
このX-FILESでモルダー捜査官が所持・使用していたことが最大の理由で、私の最も好きな
ハンドガンでもあります。


そしてサードシーズンではモルダー・スカリー両捜査官とも『S&W M5906(M1076)』を使用しています。
この銃が当時FBIで採用されたという噂が流れたのが、サードシーズンでこの銃を使用することになった
背景かと思いますが、真相は分かりません。


そして、セカンドシーズンとシーズン4以降の二人が使用していた銃が、冒頭で紹介したシグザウエルP226とP228です。


この銃もX-FILESで使用された銃として筆者の好きな銃の一つです。


現在のシグザウエルP22~のシリーズの代表モデルとなるこの銃は、P220から弾倉をダブルカラムにして
装弾数を増やしたり細部の改良を実施したモデルで、長時間水や泥の中に浸けても確実に作動すほどの
耐久性もあり、実に優秀なハンドガンでもあります。


駆け足でご紹介いたしましたが、X-FILEについて語り出すとキリがなくなるので、今回はここまでです。


また、この『映画やドラマで使用された銃』に関する記事は今後も定期的にアップしていこうと
思っているので、何を題材にするかは分かりませんが、また読んでもらえると嬉しいです☆