ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

私のサバゲー戦史16「アサルトスナイパー」

2017.10.07

カテゴリ:サバゲー

こんにちはー☆

今回も今回も今回も張り切ってまいりましょう!(いつも同じ始まり方でごめんなさい)

今回は私のサバゲー戦史「アサルトスナイパー」です。

過去のサバゲー記事はこちらから

私はサバゲーの世界に入っておよそ30年近い。
その間にはやはりというか何人ものすごいプレーヤーに出会ったことがある。

今回はその中の一人にまつわる戦史を書こうと思う。

その日のゲームは夜間に行われた。フィールドはそんなに広くない。南側は低くなっていて北側は高台だ。
サバゲー戦史「火力制圧」と同じフィールド

私は友人と二人でここのゲーム会に初めて来た。参加者は8人ほどの小規模なゲーム。
集まった方々の中の一人が私を見て
「おお!君か!久しぶりじゃないか!」
と声をかけてきた。

暗かったこともあって私はその方が誰なのかよくわからなかった。

思い出せずにいる私にその方は

「おいおい!忘れちまったのか(笑)一緒にフラッグアタックしたじゃないか!」
と笑った。

私ははっとした。
この方は、以前に別の大きなゲームで一緒になったことがある人物だったのだ。
(私のサバゲー戦史8「射撃停止」で私と共に敵陣への突入に参加した狙撃兵の方だ。)

彼はN氏といい、この時もやはり以前に会ったときと同じマルゼン製のスナイパーライフルであるAPS2スナイパーバージョンを使用していた。

ゲームは4対4に分かれての殲滅戦。
我々は南側の低い場所から出撃して北部の高台の上から現れる敵を撃破する。
「火力制圧」のときのような機関銃によるゴリ押しは行わず、正攻法で攻めることになった。
私はN氏と同じチームになったので、このときもまた協力しようということになった。
我々は二手に分かれ、私とN氏が高台に続く斜面の左方向から、別働隊の2名が右方向から突入する。
私はG3を装備して出撃した。
この日の戦闘は参加者全員がフルオートトレーサーを装備していない。完全な暗闇の中での戦いとなる。


開始後、私はN氏と共に斜面を走った。
右方向から進出した味方が早くも敵に遭遇したようで銃声が聞こえ始めた。

「チャンスだ!急ごう!」
N氏は私より少し前をかなり早い速度で走って行った。
連射ができないボルトアクションライフルであるAPS2を装備していながら、N氏はずいぶん前に出ていくなぁと思いながらついていった。

その直後、私は信じられない状況を目撃することになった。

斜面を登りきったところで彼は右方向をふっと見た。
「いた!」
「!?」
私は全く敵を見つけられなかったが、彼は易々とそれを発見した。敵は遮蔽物から少しだけ身を乗り出して斜面の下方向を撃っていたのだが、N氏は一瞬立ち止まってそこへ2発だけ撃ち込んだ。
距離は40メートルぐらいあっただろうか。
そのうちの1発が敵の頭部に命中、これを撃破。

彼は敵を倒すとすぐさま次弾を装填しながら叫んだ。
「行こう!」

彼がボルトを操作するガチャガチャという音が短く響いた。
そしてまた我々は走り出した。

高台の上で辺りを見回すが、遮蔽物が多いことと暗闇であることが原因でなかなか敵を見付けられない。

斜面右方向では味方一人が先程の戦闘でやられたようだ。
残った一人が右方向から高台に侵入したが、待ち受けていた敵に撃たれてしまった。
どうやらこの丘の上では左から突入した我々だけで敵を倒さねばならないらしい。
私は右方向を警戒しながら奥へと進んだ。
一瞬物陰に動くものが見えた。敵だ!

「敵発見!1名!」
小声で叫びながら敵の隠れている遮蔽物に射撃を加えた。
するとその敵は遮蔽物から離れて脱出を試みた。
しかしその瞬間にN氏の放った弾がその敵の後頭部に命中。

信じられない!
N氏はこの暗闇の中でほとんど数発で、しかもバリケードの隙間を縫うようにしてヘッドシュートしている!

N氏が叫んだ。
「右手奥から来るぞ!」

タタタタタ!

敵が撃ってくる。
私は銃声と同時に身を隠しながらその方向へ反撃。
私の反撃で敵は我々の方への接近を中断して、付近のバリケードに退避。

私はその敵を攻撃しようとしたが弾切れになった。急いでマガジンを交換した。
N氏はなにやらバリケードによじ登ろうとしている。

「どうするんですか!?」

「こいつ(バリケード)の上に上がる!頼むぞ!」

バリケードの上に上がる?何て無茶な!
そう思ったが、彼は私に頼むぞと言った。
援護しろということか。

私は敵の注意を引くために撃ちまくった。

N氏はバリケードの上に立ち敵の方に狙いを定めた。

しかしいきなり左方向を振り返って撃った。
暗闇からヒットの声が聞こえた。
知らないうちに別方向からもう一人の敵が接近していたのだ。
それを一撃で倒し、すぐにもとの攻撃目標のほうを撃ち始めた。

N氏の撃った弾がバリケードの隙間を抜けて敵を倒した。

戦闘は15分ほどだった。
彼はこの戦闘の間、ずっと撃っていた。単発のボルトアクションライフルでありながら待ち伏せることをせずに常に積極的な攻勢を行った。

戦闘後にN氏は私に

「君のおかげでやりやすかったぜ」
と言ってくれたものの、このゲームでは全ての敵を彼一人が全滅させたのだ。

私はこれまで多くのプレーヤーに出会って来たが、これほどまでに能動的なスナイパーを見たことがない。
私の中では伝説の一人である。

ということで今回はそんな話。
腕前の良いゲーマーにも色々ありますが、今回はナイトゲームでの狙撃兵のお話でした。

ワルサーP38 写真はこのゲーム時に私がサイドアームとして使用したワルサーP38。出番はなかったが(笑)

それでは今回はこれにて☆

サバイバルゲーム記事

その他のサバイバルゲーム記事はこちら