ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

東京マルイ G36K

2017.08.23

カテゴリ:商品紹介

マイクロスコープを搭載した、ドイツ連邦軍制式採用アサルトライフル

【次世代電動ガン/対象年令18才以上】

ドイツ連邦軍に採用されているG36シリーズは、名門ガンメーカーH&K社を代表するアサルトライフルです。全長1mに達するライフル型のG36から、コンパクトなG36Cまでバリエーションも様々。中でもG36Kはアメリカ軍のM4A1カービンに相当するモデルとなっています。
次世代電動ガンG36Kでは反動とボルト作動を再現し、迫力ある発射シーンを演出。さらに専用の3倍スコープをキャリングハンドルに内蔵。エアソフトガンながら、ゲームフィールドやシューティングレンジで他のアサルトライフルモデルには無いアドバンテージを発揮することができるでしょう。
東京マルイ G36K2

主な特徴

  • シュート&リコイルエンジン搭載:トリガーを引くことで発射と同時にボルトが作動し、さらに本体内部で発生した強烈な反動が全身に伝わります。
  • マイクロスコープ内蔵:キャリングハンドル後部に、G36専用の3倍率マイクロスコープを搭載。サバイバルゲームに適したクリアな視界を確保し、精密なサイティングが可能となっています。
  • フォールディング・ストック:ボディ側面に折りたたむことができるストックは、本物と同じロックメカニズムを採用しています。ストック後部にはすべりにくいラバーバットプレートを装備し、構えた時に本体をしっかりホールドすることができます。
  • マウントレイル標準装備:キャリングハンドル上面や、ハンドガード下部のアンダーマウントレールには、ドットサイトやフォアグリップなど20mm幅のレイルに対応したオプションが装着可能です。
  • 各種マズルオプションに対応:フラッシュハイダーを取り外せば、サイレンサーなど14mm逆ネジ仕様のマズルオプションを取り付けることができます。
  • リアルなシースルーマガジン:装弾数50発、内部の5.56mm×45弾を再現したマガジン。側面のジョイント部分を利用して複数のマガジンをつなげることが可能です。
東京マルイ G36K1

ストーリー

ドイツのH&K(ヘッケラー&コック)社は、世界的ヒットとなったG3シリーズの開発により今や世界で最もメジャーな銃器メーカーの1つとなりました。
このG3シリーズの後継としてドイツ軍制式採用となったのが、強化プラスチックで全身をおおったG36です。G36を開発するにあたり、H&K社はそれまでのコダワリや銃への考え方を一切ゼロにもどし、当時考えられる限りで最高の性能とメカニズムをG36につめこみました。
ドイツ軍の採用から10年あまりが過ぎ、G36はシリーズとして様々な展開をみせています。中でも最もコンパクトなG36Cはストックを折りたたんでも安定した射撃が可能で、サブマシンガンほどのサイズからNATO制式5.56mm×45弾を発射できるパワーをもっています。各国の特殊部隊で採用されているMP5シリーズと操作性も近く、ドイツの特殊部隊GSG-9をはじめとする精鋭部隊が続々とG36Cを採用することとなりました。

■シュート&リコイルエンジン搭載
■可変ホップアップシステム 搭載
■フルオート(連発)/ セミオート(単発)切替え式
全長 615mm / 860 mm(ストック展開時)
銃身長 300 mm
重量 2,900 g(空マガジン、バッテリー含む)
弾丸 6mm BB(0.2〜0.28g)
動力源 8.4Vニッケル水素1300mAhミニSバッテリー(※1)
装弾数 50 発
型名 G36K
種類 アサルトライフル

パッケージ内容:
G36K本体、マガジン(装弾数50発)、保護キャップ、六角レンチ、取扱い注意・説明書、チャージャー、チャージングロッド、クリーニングロッド、BB弾(0.2g/200発)、他

パッケージサイズ:
横930 x 縦330 x 厚110 mm