ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

東京マルイ製電動ガンのMP5k【ガンレポ4】

2017.10.10

カテゴリ:電動ガン

こんにちはー!

今回もぼちぼちいきましょうか!
今回は東京マルイ製電動ガンのMP5kを見ていこうと思います。
MP5kはスタンダード電動ガンとしてかなり前に発売されたもの。

そういえば余談となりますが、そもそも以前はスタンダード電動ガンなどという呼び名は無かったように思います。
これは東京マルイさんが次世代電動ガンというものを発売し始めたために、それ以前に出していたものをスタンダード電動ガンとして区別するようにしたんでしょうね。

MP5kは現在ではハイサイクルのモデルが出ていますが、今回はハイサイクルではないほうの通常のタイプのほうを見ていきます。

えー。ちなみにMP5kPDWについてもちょっと触れます。これらは基本的には同じものです。


MP5kとは


基本的にはMP5の小型版なのですが、通常のMP5がサブマシンガンに分類されるのに対してMP5kは場合によってはマシンピストルに分類されます。
ストックはついておらず、それこそ片手で扱うことさえ可能なほどに小さく軽い。kというのはドイツ語のクルツの略であり、短いという意味だそうですをつまりMP5の短縮型を表します。
本来のMP5のハンドガードの部分はフォアグリップが固定でつけられていて、射撃の安定化をはかっています。
実銃では反動があるためこの措置は有効なのでしょう。

外観的なことについて


全体を構成しているのはほとんどがABS樹脂と呼ばれる強化プラスチックです。
かなり弾力があり強度は高くて軽い。
フロントサイトやマガジンキャッチレバーなどの一部を除いてほとんどがプラスチックで構成されています。
そのためリアルさという点ではややおもちゃっぽさが感じられると言わざるを得ません。
しかしそれでも軽いということは大きな武器になります。


内部構造について

マルイ製電動ガンのMP5がバージョン2メカボックスを搭載しているのに対してMP5kはバージョン3メカボックスを搭載しています。
この関係でフレームの構造が全く異なります。
MP5の短縮型がMP5kで、外観も銃身が短くなってストックがなくなっただけに見えますが、実は内部はほとんど交換性がないほどに違うのです。
これはバッテリーの搭載スペースの関係ではないかと思います。バージョン3メカボックスは非常にコンパクトであり、全高が低い。この特性を利用してレシーバー上にできた空きスペースにAKタイプのバッテリーを内蔵するのです。バージョン2メカボックスは全高が高いため、レシーバー上にそれほどの空きスペースを取れません。
なにせストックはついてない上にハンドガードもフォアグリップがついてる小さなもの。もうここにしかバッテリーを収納できないということなのでしょう。
ちなみにMP5kはMP5よりも後に発売されていますから、内部の構造や部品の構成もかなり洗練されています。分解組み立てなどのやりやすさもかなり違います。MP5kのほうが圧倒的にやりやすくなってます。
メカボックスとしてはバージョン2よりもバージョン3のほうが遥かに良い面もあります。
G3やM4の項で触れましたが、バージョン2メカボックスは首回りに深刻な欠陥を抱えているのでバージョン3を搭載しているというだけでも個人的には大きな価値があることだと思います。

インナーバレル


インナーバレルは極めて短いです。ほとんどハンドガン並の長さと言ってもいいほどです。この関係でシリンダー容量はかなり小さく抑えられています。
そのためパワーアップのカスタムにはかなり不向き。ただ、このインナーバレルの短さを逆手に取って流速チューンのベースにするサバイバルゲーマーもいます。いずれにせよインナーバレルの長さというのは発射性能に大きく影響しますので、フルサイズのアサルトライフルなどに比べると性能の伸びしろは高くないと思います。

MP5PDW

基本的には同じものなのですが、大型のフラッシュハイダーが装備されて折り畳みのストックが付属します。個人的な考えですが、結局のところはMP5kであるわけなので、小さく軽い面が失われるという意味ではどうなのかなーと思います(笑)


その他


MP5kはハイダーが無い。そのためフルオートトレーサーやサイレンサーを装備するためには特別な部品を必要としたり加工しなければ取り付けられないという側面があります。
PDWについてはネジが切られたハイダー基部があるのですが、確か正ネジだったように思います。フルオートトレーサーは逆ネジなのでアダプターがないと取り付けられない!なんたること。

それからマガジンについてですが、マガジンは専用のショートマガジンの他に通常のMP5のものが使えます。多弾マガジンもMP5と共用です。
MP5のマガジンというのは細長く湾曲していますので、これが原因で弾上がりが悪い。
ちょっとした加工である程度解決はできますが、ファマスやG3のマガジンに比べると容量もやや小さく弾上がりもよろしくない。
まぁ構造上のものなのでしょうけど。
ダブルマガジンタイプの240連マガジンやハイサイクル用とされるドラムマガジンはこの欠陥がほとんど無いようです。


最後に


ということで東京マルイ製電動ガンのMP5k。いかがでしょうか?
パワーアップのカスタムベースとしては不向きであるし、小さく軽い特性を活かして機動力の高さをゲームで利用できたら素晴らしいと思います。

東京マルイMP5k
ということで今回はここらへんで☆