ミリヲタ-サバゲー、サバイバルゲーム情報

東京マルイ デザートウォーリア 4.3

2017.08.30

カテゴリ:商品紹介

サンド迷彩を施した、砂漠戦仕様のタクティカル・ハンドガン


【ガスブローバック/対象年令18才以上】

モダン・スペシャルフォースのセカンダリー・ウェポンたるべく、M.E.U.ピストルをベースに、オペレーター達の特殊な要求を満たす仕様に仕上げたのがデザート・ウォーリア4.3です。
4.3インチスライドのコマンダーサイズに、ピカティニー規格(20mm幅)のアンダーレイルとダークオフグレーのガナーグリップを備え、デザートカラーを施した姿は「特殊作戦」を行うオペレーター達に随行するに相応しい雰囲気を漂わせたモデルとなっています。

東京マルイ デザートウォーリア 4.31

主な特徴

  • 砂漠での戦闘を想定したボディ色:デザートカラーのスライドとフレームとダークオフグレーのグリップが、砂漠という特殊な地域での戦闘でこれ以上ない迷彩効果を発揮します。
  • アンダーレイル:フレームには同色のアンダーレイルを装備。ピカティニー規格(20mm幅)対応のフラッシュライトなどが装着可能です。
  • ガナータイプグリップ:独特の細長いディンプル状加工を施したグリップは、グローブをした手でも抜群のグリッピングを可能とします。
  • メタルノッチ・スペーサー:スライド内側の金属製パーツがスライドオープン時の負担を受け止め、スライドストップとノッチ部の削れや破損を防ぎます。
  • 迫力のブローバック:発射と同時にスライドが勢いよく後退し、見た目の迫力と発射時の強烈な反動をリアルに再現したモデルです。
  • MEU用スペアマガジン:ニッケルメッキが施された、装弾数28発のマガジンが付属。

東京マルイ デザートウォーリア 4.32

ストーリー


2000年代に入ったアメリカ軍の戦域は中東と東アジアに移り、砂塵の舞う砂漠での戦闘を余儀なくされました。今までのフィールドとは勝手が異なり、黒一色の装備ではステルス性の効果もないため、おのずとフィールドに合わせたサンド迷彩を施すことが求められました。また、戦闘エリアも近接戦闘を中心とした電気の無い室内や、山岳地帯の長く暗い洞窟の中などが中心となり、タクティカルライトを装着できるアンダーレイルは必要不可欠なものとなりました。こういった環境で戦うオペレーターの要望をカスタムによって反映したデザートウォーリア4.3は、世界中のガバメントファンが最も注目するカスタムスタイルの1つとなっています。

■可変ホップアップシステム 搭載
■セミオート(単発)発射のみ
全長 203 mm
銃身長 95 mm
重量 820 g(空のマガジンを装着した場合)
弾丸 6mm BB(0.2〜0.25g)
動力源 HFC134aガス(※1)
装弾数 28 + 1 発(1発は本体に装填した場合)
型名 Desert Warrior 4.3
種類 ハンドガン(オートマチック)
※1:専用の「ガンパワーHFC134aガス」をご使用ください。

パッケージ内容:
デザートウォーリア4.3本体、マガジン(装弾数28発)、保護キャップ、取扱い注意・説明書、クリーニングロッド、BB弾(0.2g/100発)、他

パッケージサイズ:
横320 x 縦190 x 厚55 mm
東京マルイ デザートウォーリア 4.33